中国マーケティング情報マガジン | Business China

越境EC/KOLプロモーションをはじめ、中国マーケティングに関する情報を翻訳&解説!

爆買いは2015年、益々勢いを増す!

爆買いは2015年、益々勢いを増す!
 

2014年、日本に訪れた中国人観光客数は240万9200人!

さらに2015年においては、上半期だけで既に220万人近くに及んでおり、現時点で前年度伸び率116%!
これから中国でも夏休みシーズンとなり、日本へ訪れる中国人観光客はますます増えること間違いありません。
下記の情報は2014年のものですが、とても参考になります。
2015年の見込みはもはや単純にこの数字の倍と考えてもいいのかもしれません。

【買い物消費額】
1人あたりの平均買い物消費額: 138,305円
その内訳上位をご紹介
・カメラ・ビデオカメラ・時計: 85,319円
・服(和服以外)・かばん・靴: 55,041円
・電気製品: 46,966円
・化粧品・香水: 36,036円
・医薬品・健康グッズ・トイレタリー: 32,209円
・その他食料品・飲料・酒・たばこ: 13,307円

高級腕時計やバッグなどのブランドを買いに来ることが多いと言われていますが、
上記をみても、垣間見えます。
【購入率】
中国人観光客はどういうジャンルの商品を購入しているのでしょうか?
・菓子類: 77.8%
・化粧品・香水: 67.6%
・医薬品・健康グッズ・トイレタリー: 59.6%
・服(和服以外)・かばん・靴: 52.1%
・電気製品: 39.8%
・カメラ・ビデオカメラ・時計: 26.7%
・マンガ・アニメ・キャラクター関連商品: 19.6%

菓子類の購入率が高いのは子供連れのファミリーや学生観光客が多いからかもしれません。
今年は訪日数だけでも2014年の倍以上になりそうな勢いの中国人観光客、その爆買による快進撃は今年も勢いを増すばかりです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でbizchinablogをフォローしよう!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top

2019 SDME - ソーシャル デジタル マーケティング エキスポ@杭州