中国マーケティング情報マガジン | Business China

越境EC/KOLプロモーションをはじめ、中国マーケティングに関する情報を翻訳&解説!

中国インバウンド対策のための基礎知識 - 2015年訪日中国人の一人当たりの消費額のシェア

中国インバウンド対策のための基礎知識 - 2015年訪日中国人の一人当たりの消費額のシェア
中国人観光客などインバウンド対策を早急に進めたい企業が増えています。

ここでは、中国人インバウンド対策を進めていく上で、基礎となる数字を簡潔に紹介していきます。

Q.訪日中国人の一人当たりの旅行消費額を教えて下さい。

A.2015年は以下のような数字が速報値で出ています。

1位 中国 162,000円
2位 ベトナム 75,000円
3位 香港 72,000円
4位 シンガポール 60,000円
5位 台湾 59,000円
6位 ロシア 54,000円
7位 タイ 53,000円
8位 マレーシア 49,000円
9位 フィリピン 42,000円
10位 インドネシア 40,000円

※訪日外国人全体の平均は、73,000円でした。
※観光庁(出典)

2014年から2015年にかけて、訪日外国人に占める中国人のシェアが他国に比べ、圧倒的な伸び率を叩き出しました。しかしながら、注目すべきは人数だけではなく、一人当たりの旅行消費額も凄まじいということです。なにせ、中国が1人勝ちの状況で平均値を押し上げ、2位香港以下のすべての国が平均を下回っているという異様な状況になっています。

訪日中国人の総数と一人当たりの消費額を掛け合わせると、言うまでもなく、圧倒的なインバウンド需要があることが読み取れます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でbizchinablogをフォローしよう!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top