中国マーケティング情報マガジン | Business China

越境EC/KOLプロモーションをはじめ、中国マーケティングに関する情報を翻訳&解説!

独身の日(11月11日)以外の中国の商戦日やセール期間

独身の日(11月11日)以外の中国の商戦日やセール期間
中国ECモールにおいて、最も有名な商戦日と言えば、独身の日(11月11日)ですよね。昨年の11月11日にはTmallが単独単日で1兆7000億円の売上を叩きだしたことでも注目を集めています。

※2016.11.11更新:2016年のダブル11の売上結果が出ています↓↓
2016年Tmall(天猫)のダブル11キャンペーンの驚愕過ぎる売上

 

しかし、中国ECモール業界では、独身の日以外にも様々な商戦日やセール期間があり、業界全体の売上もグッと伸びます。

ここだけは外すな!ということで言えば、旧正月、618、1111、1212、でしょう。

中でも12月12日のダブル12なんかはおもしろいです。オンラインとオフラインをうまく連携させたイベントで、ネット上だけで完結するのではなく、キャンペーンは店頭小売にも及びます。

※2016.12.8更新:ダブル11とダブル12の決定的な違いとは?アリババとアリペイが進めるオフライン戦略

 

日本の企業が越境EC進出をする際には、単に出店だけを考えるのではなく、このようなイベントへの積極的な参加をするべきです。

参加をすることで、消費者からのお店の評価を上げることができたり、参加後のお店への自然流入を増やすことができます。

しかしながら、残念なことに今日の日系の越境EC運営代行会社などは、面倒なのか、把握すらもしていないのか、ダブル11以外のキャンペーン参加を出店企業クライアントに提案していないようです。出店企業クライアントとの契約形態にも依るのでしょうが、運営代行料がランニングコストとして入ってくるのであれば、無理してでもダブル11以外のキャンペーンにクライアントを引っ張り出すことはしないのでしょうか。。残念です。運営代行会社を選ぶ時はこう言った目線でも見るべきですね。

ところで、618って気になりますよね?

6月18日は元々、いたって普通の日だったのですが、実は2004年6月18日が京東(JD)の設立日で「設立何周年キャンペーン!」を始めたきっかけで、それに対抗すべく他のECモールもセール期間とし始め、業界全体でそのような傾向になっていきました。セール期間と言ったとおり、6月18日単日ではなく、6月18日前後でどこのモールも大々的にセールを展開します。一般的にはお中元キャンペーンと言うのですが、業界ではJD狙撃キャンペーンとも言っています 笑

ちなみにTmallが出しているデータによると、当セール期間中のたった1日のTmallでのビールの合計売上が、フォーチュン・グローバル500に選出された某中国大手スーパーの全店舗で、ビールの売上が20日間の合計売上にほぼ同じであったというからビックリですね。

07n58PIChvU_1024
618のとあるキャンペーン画像

※【お知らせ】
当ブログのFacebookページでは記事化される前のより細かな最新情報や記事化されなかったミニ情報などをリアルタイムで随時配信中!
ブログ記事より早く最新情報をゲットしたい方は今すぐ「いいね!」をクリック!

ビジネスチャイナFacebookページ→https://www.facebook.com/bizchinablog/に今すぐアクセス!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でbizchinablogをフォローしよう!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top

2019 SDME - ソーシャル デジタル マーケティング エキスポ@杭州