中国マーケティング情報マガジン | Business China

越境EC/KOLプロモーションをはじめ、中国マーケティングに関する情報を翻訳&解説!

  • eyecatch
    テンセントのリテールEC戦略
    毎年テンセントが年始の1月頭に行なっている。ここでは新年の抱負のような形でテンセントがその年に注力する分野や方針を発表されるため、大変多くの注目が集まります。そして2020年、彼らが発表したのは「帮助商家打造属于自己的商...
  • eyecatch
    中国インフルエンサーマーケティングの闇
    少々前のお話になります。10月3週目、中国であるメーカー会社の起業家のブログが注目を集めました。彼は自社の商品のプロモーションとして、あるインフルエンサーを起用し商品を紹介するVLOG(ショートビデオ)を作って公開しても...
  • eyecatch
    2019 SDME - ソーシャル デジタル マーケティング エキスポ@...
    【2019 SDME - ソーシャル デジタル マーケティング エキスポ】 2019年11月20日~22日に杭州国際博覧センターで開催決定いたしました。 株式会社クリップスは日本総合窓口として協賛しております。 SDME...
  • eyecatch
    小紅書(RED)解析‐2019年はコミュニティEC勝負の一年
    中国版インスタグラムとして人気を集めている小紅書 (RED)。今年に入って、EC領域への参入や、オフライン店舗への送客機能を搭載し、カバー範囲を急速に拡大しています。この小紅書の最近の動向を徹底的に分析したいと思います。...
  • eyecatch
    中国におけるライブコマースの発展&可能性
    皆様はライブコマースについて、どのような印象があるでしょうか。最近Instagramでライブ配信やショッピング機能が搭載され、インフルエンサーがユーザーをライブ配信から販売ページへ誘導し商品購入までしてもらうということも...
  • eyecatch
    【越境ECの朗報】直郵輸入税の減税
    先日に行われた国務院の会議にて、郵便物輸入の行郵税税率を4月9日から下げることが決められました。 食品や薬品に対しては15%から13%へ、繊維品や電子機器等は25%から20%へ大幅な減税が行われます。 今回の減税は、これ...
  • eyecatch
    第2回 日中バイヤーグループ東京商談会@渋谷
    2019年4月22日~23日、【第2回 日中バイヤーグループ東京商談会】を開催いたします。 共催「一般社団法人日本全球購買手連盟」「日中バイヤーコンソーシアム(JCBC)」、協力「株式会社CLIPS」「株式会社JOMO」...
  • eyecatch
    中国2019年電商法-ソーシャルバイヤーの終焉!?(保存版)
    越境EC販売や日本本土リアル店舗のインバウンド対策に関わる中国の「電子商務法」(電商法)ですが、実行してから、既に1ヶ月が経ちました。 日本国内の小売ショップやメーカーは少なからず、影響を受けているでしょう! いくつかの...
  • eyecatch
    弊社が協賛した「日中ツーリズムサミット2018」を12月5日に東京で開催...
    日中ツーリズムサミット2018(中日旅游媒体峰会2018) China-Japan Tourism Summit CJTS 開催背景 2020東京オリンピックに向けて、訪日外国人客数4000万人の目標をあげているなか、2...
  • eyecatch
    2018年度日中幼児教育交流フェアのご案内(開催決定&スポンサー募集開始...
    イベント開催背景 2018年、中国の私立幼児教育業界では「幼児教育の未来」を中心に据えたイノベーション活動が活発化してきました。 時を同じくして、世界的に評価の高い日本の幼児教育が注目されるようになり、実際に来日し教育現...

新着記事

「微信公开课PRO」(Wechat Open Class PRO)

テンセントのリテールEC戦略

毎年テンセントが年始の1月頭に行なっている。ここでは新年の抱負のような形でテンセントがその年に注力する分野や方針を発表されるため、大変多くの注目が集まります。そして2020年、彼らが発表したのは「帮助商家打造属于自己的商...
RED(小紅書)とTikTok(抖音)

RED(小紅書)とTikTok(抖音) のO2O戦略

中国版インスタグラムとして親しまれ、自身を「仮想都市」と称しているプラットフォームRED(小紅書)、既に1億人を超える若いユーザーを抱えています。 この注目を集めるREDが、ブランドショップを巻き込んだEC領域に進出する...
Return Top