中国ビジネス情報マガジン | Business China

中国ビジネスに関するニュースをPickUP

中国越境ECプラットフォームの雄たちをまとめてみました

中国越境ECプラットフォームの雄たちをまとめてみました

中国越境ECプラットフォームとヒトコトに言っても、実はかなり多くのプラットフォームがあります。

日本では、せいぜい一般消費者によく知れ渡っているプラットフォームは、楽天、Amazon、Yahooショッピングとこの3つ程度ですが、中国にはこれらの規模以上のプラットフォームが多数存在するのです。

簡単にまとめてみました。読者の皆さんはいくつご存知でしょうか?

【淘宝网(Taobao)】index_logo_01

まずは、中国最大のECプラットフォーム「タオバオ」です。店舗数は約7万店、5億人以上のーザーが利用しており、CtoC向けプラットフォームとして有名です。タオバオはコチラ

【天猫(Tmall)】

index_logo_02

そして、中国最大のBtoC型ECプラットフォーム「Tmall」。当ブログでも毎年追いかけている11月11日のセールの単日売上は驚異的です。2015年はなんと1兆7000億円越えの売上をたった1日で打ち立てた、まさに中国ECの怪物です。5万店舗以上、そして7万ブランド以上のお店が入る有名プラットフォームです。アクティブユーザー数は推定6500万人。Tmallへはコチラ

【京東(JD.com)】

index_logo_03

ジントンと読みます。BtoC型の中国越境ECプラットフォームの中でもTmallに次ぐ巨大モールです。アクティブ会員数が推定4500万人。家電製品、電子機器、書籍、衣料品などが充実しており、配達スピードなどに定評があります。京東へはコチラから。

【洋码头(YMT)】

YMT_logo

「ヤンマートゥ」と読み、通称YMTを呼ばれています。まだ日本ではあまり知られていないですが、実は会員数が3800万人にまで達しており、TmallやJDに続く注目ECプラットフォームです。日用品や化粧品、衣料品など総合的なECモールとして人気を博しています。YMTへはコチラから。

【1号店(Yihaodian)】

1gouten

2015年に米ウォルマートの完全子会社となったECプラットフォームで、生鮮食品や日用品、トイレタリーなど日常で使う消耗品を得意としています。1号店へはコチラから。

 

以上、大手プラットフォームを紹介しましたが、他にも多数の中国ECプラットフォームが存在します。今サクッと思いつくだけでも、波罗蜜豌豆公主小红书などがあります。このブログでも引き続き中国のECプラットフォームについて追って解説していきたいと思います。乞うご期待!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でbizchinablogをフォローしよう!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top