中国マーケティング情報マガジン | Business China

越境EC/KOLプロモーションをはじめ、中国マーケティングに関する情報を翻訳&解説!

洋码头(YMT)という中国越境ECプラットフォームについて

洋码头(YMT)という中国越境ECプラットフォームについて
洋码头(YMT)をご存知でしょうか?

今や日本でも有名な天猫(Tmall)や京東(JD.com)などの中国越境ECプラットフォームと同様に、規模は少し劣りますが、現在非常に好調な中国越境プラットフォームです。

どれくらいの規模かと言うと、Tmallの会員数が約6500万人と言われていますが、洋码头(YMT)の会員数は約3800万人と言われています。Tmall、京東に続く巨大モールであることがお分かりいただけるかと思います。

ちなみにYMTの目指すプラットフォーム像には優良なユーザーがいるという概念があり、これまでもそうでしたが、今後もYMTはバイヤーの育成をしていくという方針を打ち出しています。出店者側には非常に嬉しいことですね。

ところで、日本でECプラットフォームと言えば、楽天かYahoo!ショッピングかAmazonくらいですが、中国にはこのような越境ECプラットフォームが桁違いで存在し、今尚新しいものが生まれ続けています。

もちろん玉石混合では有りますが、中国越境ECで本格進出を目指す企業にとっては、Tmallや京東だけを抑えておけば充分ということはありません。

また、YMTは既に日本では埼玉で物流倉庫をもっていて、今年はさらに10億円を投資し、日本でさらなる物流倉庫・システムを構築する予定です。

参考1:2016年8月22日更新の関連記事
洋码头(YMT)が進めるサプライヤー強化戦略 -創立6周年記念キャンペーンを読む

参考2:洋码头(YMT)はコチラ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でbizchinablogをフォローしよう!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top

2019 SDME - ソーシャル デジタル マーケティング エキスポ@杭州